FC2ブログ

ティラナの名所

ない!

なんか市内の中心に広場があって、そこの脇にあるモスクが唯一の名所なんだけど

工事中でしまっていた

観光は30分で終了

しかたなく街一番の百貨店の中でイスにすわってダラダラして時間をつぶすしかないのだった

まあ、トイレがきれいでクーラーきいていて市内で最も快適な場所ではあった
スポンサーサイト



ティラナへ移動

バスターミナル近くのコーヒーショップでコーヒー
一杯で二時間つぶして30分前からバスターミナルでティラナ行きのバスを待ちかまえたが来ない

売店の兄さんに聞いたらティラナ行きのバスはターミナルの外に止まるって?

えっ?5分前に行っちゃった?

タクシーでバスを追いかけて高速入り口前のターミナルで

なんとか搭乗

久しぶりに焦るハプニングでした

アルバニアへ入国

プリズレンからバスで1時間強

ちょっと前まで鎖国をしていたという謎の国アルバニアに入国

さぞかし国境の警備が厳しいと思ったら・・・・なんとバスから降りることもなくスルー通過

さらに2時間くらい行くと首都のティラナに到着した

ティラナは思いのほか大都会なんだけど道はボコボコで水たまりがあちこちできてたりで

街灯もほとんどなく「金持ってないな」という印象

そしてたどりついた今宵の宿であるホテルデラックスは

看板の照明が壊れたまま修理しておらず

「HOTEL DE   X」になっていた・・・・どうせならEもつぶせば完璧な略称になったのに




コソボ料理

特に独自の料理ってないみたいだ

ケバブとかトルコ料理が多いし、クロアチアのハンバーガー、
モンテネグロあたりの肉料理
みたいなものが多い

ステーキの盛り合わせが1000円、モンテネグロより若干安いか

ビールはペーヤというピルスナーで

500ミリリットルで60円とジュースより安かった

旅行記の途中ですが、久しぶりにケチ王が

友人A、昔からケチだったが、いつの間にかケチ王と呼ばれている。
そして今では年増好き王とも呼ばれている。

A「うおーーーーー、すげーーーーー、セクシーーービキニ!!ネットニュース見てみ!?」

・・・・・武田久美子、51歳!!

A「うおーーーーーーー」

小栗「おえっっーーーー」

プリズレンの特長

道行く女性の美人割合、グッドスタイル割合が飛躍的に向上

喫煙率高い

物価はモンテネグロと同等、通貨がユーロなので便利

ビールはコーラより安い

クレジットカードはホテル以外にほとんど使えない

コーランがしっかり流れてくるがイスラム衣装の女性は少ない

黒い革ジャン来てるひとがおおい

物ごいが多く外で飯食ってるとやたらくる

プリズレンの名所

町の中心部に教会、モスク、トルコ風呂があり、それらを全部まわっても
一時間とかからない

自慢の丘の城壁は最近土砂崩れがあったようで通行止め

仕方なくカフェで1ユーロくらいのケーキくって
お茶飲みながら通行人観察しかないのだった

プリズレンのホテル


ホテルの名前はホテル デジャブー

その名前の通り、繁華街にあるはずなのに、なかなか見つけられない

Googleマップでは噴水の真ん中にあると表示されるが

もちろんそんなことはない

脇道に入りようやく発見

小さいが新しくてきれいなホテル

ただし、隣がモスクなので朝5時にコーランが大音量で

聞こえてきて起こされる

コソボで日本人に出会う

プリズレンのバスターミナルに到着

バスを降りると後ろから若い女性の声

「日本人ですか」

スゲーぶす

「カムサムハムニダ!」

そう言うと、女とは逆の方向にあるきだすのだった

コソボへ入国

モンテネグロからコソボへ行くのにアルバニアをショートカットした

アルバニア、この前まで鎖国してたから
さぞかし出入国のチェックは厳しいのかと思いきや

まさかのノーチェック

鎖国が長くて、チェックしてもわからないってひらおきなおってるんだろなー

コソボの南部都市プリズレンはケンタッキーもあるくらいの

都会でビックリした。繁華街は夜23時過ぎてもにぎやか

戦争が終わって平和を取り戻したんだなと実感

コソボへ移動、まずはプリズレンへ

コトルのバスターミナルから国際バスにのって
まずはモンテネグロ南部のウルツニへ三時間の移動

途中、アドリア海のビーチリゾートをひたすら見下ろしながら
海岸沿いを走る

気温20度くらいだけど多くの外国人が泳いでる

残念ながら、ほとんどが老人だけれど

ウルツニについて腹が減ったので

ハンバーガーとフレンチフライとビール全部で3.5ユーロ
をバスターミナルの近くの
食堂

で食べて、コソボのプリズレン行きのバスに乗り込むのだった

コトルの名物料理

ここも世界のマクドナルドが見つからず

仕方なく、港の近くの地元のステーキハウスへ

なんとクロアチアのリゾットより安くステーキが食えた

モンテネグロBBQセット450グラムで約1000円

ガタイのいい店員に最後にサンキュージャパニーズボーイ

といわれたことを除いては

たぶん小栗の方が年上だぞ、、、

コトルの特長

物価はドブロブニクの半分程度の印象で安い

クルーズ船やドブロブニクからの日帰り観光客が多い

若くてきれいな女性はなぜかアイスクリームの売り子に集中している

温暖で朝晩の冷え込みも厳しくない

旧市街をぐるぐる回る以外に観光スポットはなく
1日ともたない

モンテネグロで登山

城壁を散策しようとしたらコトル城は山と一体化されていて、いつの間にか登山に
なっていた。

高尾山よりかなりヘビー

一時間かけてようやくメモリアルタワーという中間ポイントへたどり着いたら

8ユーロ払って買ったチケットないと通さないとのこと

関所かよ

もちろん日本語で文句をいって引き返すのだった

モンテネグロのワイン

スーパーに行くと良さげな国産ワインが一リットル400円で
売っていたので買ってホテルで飲んでみた

なかなかうまい

サイゼリアのマグナムが世界一コスパの良いワインと思っていたが

これには勝てない

コトルノホテル

世界遺産しかない小さな街だから

ホテルも世界遺産の旧市街のなかにとってみた

外観は中世の三階建て住居、中を改装して東横イン程度の

ホテルに仕上げてる

観光のど真ん中に止まって気づいたことは

夜も周囲がうるせー

コトラの名所

世界遺産の旧市街

ここもメインの観光スポットは城壁

ドブロブニクでは3500円のボッタクリなので見送ったが

ここはタダなので登ってみた

落書きやゴミが多くボロボロで猫のふんまみれなのに

世界遺産でいいのか

これなら日本の古い城や寺は軒並み世界遺産でいいと思うのだが

モンテネグロへ移動

国際バスで四時間弱、ドブロブニクからモンテネグロのコトラへ移動

世界遺産の都市らしい

バスは昨日と違って満席

なぜか右側の席から埋まっていく

つられて小栗も右側に座ったら

道中、ヨーロッパ有数のアドリア海リゾートをずっと見物できた

千数百円のバス代でこれは安い

ドブロブニクの特長

治安はめちゃくちゃ良い

夜に一人でフラフラ歩ける

温暖で日差しが強い

常に豪華客船が来航している

物価はめちゃくちゃ高く1000円で飯は食えない

でもミニマート35円でクロワッサン売っていてそれで餓えはしのげる

旅行記の途中ですが、ハンカチ斎藤が最終戦に登板

日ハムが最終戦を前にハンカチを一軍登録

これが最後の花道か・・・

やっぱり打たれて、これでプロでは通用しないことが、あらためて身に染みたろうし

未練はないだろう

引退セレモニーは?最後の名言は???

えっ?セレモニーどころか、とくにコメントなし?来季もやるつもり???

巨人の阿部が引退するより驚いた・・・
プロフィール

Oguris

Author:Oguris
*契約の都合で写真はイメージ

イケメン小栗が語るイケメンについて

目指せ30000アクセス!!2009年8月下旬より毎日更新継続中!!

これからも小栗目線で芸能界・スポーツ界・政界のイケメン達をぶった斬ります。

小栗にとって最高のイケメンは「稲中卓球部の前野」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード